職員日記

  職員日記は、家庭学校の職員により、現在の家庭学校の暮らし(生活・作業・行事・四季等)を中心に、日記形式で不定期に配信します。

卒業式・会場装飾

(2011-03-08)


 
 皆さんこんにちは。
 今朝は、まとまった雪が降りました。
 もう春だと思って油断をしていると、まとまった雪が降る、毎年この繰り返しです。
 それでも春の訪れが近いのか、積もった雪はすぐに溶けてしまいました。

 前回に引き続き、写真にあるのは卒業式の会場装飾です。
 分校の会場装飾の職員ががんばってくださり、少しずつ装飾がなされていく様子が分かります。
 
 バックステージに大きな文字が入りました。
 『未来は自分の中にある』
 この言葉には、以下の意味が込められているそうです(『60秒言葉のセラピー』黒田クロ 漫遊書・文より)。
 
【今、目の前に起きたことは中立。
 善し悪しは、自分の心の中にある。
 済んだことと、他人は変えられないが、
 これからと自分は変えられる。
 これからすることは、何のため、誰のため、
 何を残すためか常に考えていると、
 自分の願った方向へ、物事が進む。
 人生は偶然ではなく必然です。
 物事に対する、自分の意識がどこにあるかで
 気づきの差がでるようだ。】

 卒業を控えた小学6年生、中学校3年生だけではなく、家庭学校で生活している全ての生徒にこの言葉が届いてくれることを祈ります。