職員日記

  職員日記は、家庭学校の職員により、現在の家庭学校の暮らし(生活・作業・行事・四季等)を中心に、日記形式で不定期に配信します。

2月の誕生会

(2011-02-15)

 皆さんこんにちは。

 今朝も大いに冷え込みました。
 この所、日中は温かいのに朝はぐっと冷え込みます。
 一日を通して寒暖差が激しいので、体がついていかずに体調を崩す生徒もいます。
 皆さんもお気をつけ下さい。
 
 本日夕方6時から、給食棟で2月の誕生会が行われました。
 司会は柏葉寮の生徒がつとめました。
 誕生者は生徒1名、職員1名でした。
 1年のうちで最も誕生者が少ない月だったかもしれません(多いときは15名位になります)。
 いつものように女性職員の手作りのご馳走を食べ、生徒・職員が出し物を出し合うお楽しみ会をみんなで楽しみました。
 和やかな雰囲気の中、豆のつかみ取り、歌、似顔絵ゲーム、生徒のダンスソロ、職員のギター演奏と大いに盛り上がりました。今回は2人の職員がギターの弾き語りをしたのですが、1人は山崎まさよしの「one more time one more chance」で(押尾コータローのソロもありました。この先生は、分校の先生なのですが、とてもギターが上手く、毎回みんなを楽しませてくれます)、もう1人は岡林信康の「私たちの望むものは」でした。もちろん、後者の曲をしっている生徒はいませんでしたが、本格的なフォークソングの弾き語りに会場いる全ての人達が、真剣に耳を傾けていました。私も感動してしまいました。
 今日も多くの人達の暖かい気持ちが集まって、2月の誕生者を祝えたことに感謝したいと思います。